Sample Company

越境する海のNomad

日系マグロ漁師の像
日系マグロ漁師の像(2016年、ターミナルアイランド)

キーワード:冷戦・遠洋漁業・越境性・核実験・缶詰産業

問題の設定

 首都圏から見れば「僻地」である四国の太平洋岸は、オーストラリアの真珠養殖やアメリカ移民、そしてマグロ遠洋漁業と、常に外洋へ人を送り出してきた。本研究では、遠洋漁業最盛期の1950~60年代、マグロ遠洋漁業者を通して人と技術のグローバルなネットワークがどのように築かれ、外国への技術の伝播がいかに行われたのかを明らかにする。愛媛・高知・神奈川などで元マグロ魚船員や関係者への聞き取り調査を行い、遠洋漁業のグローバルな産業構造を解明するともに、愛媛・高知出身の漁業者が、台湾・韓国・アルゼンチン・キューバにまで及ぶ人の交流と技術の伝播に関与した経緯も解き明かす。本研究はまた、冷戦による東西対立と水爆実験とが、こうした活動にどのような影を投じていたかを、日米の公文書を用いて実証的に解明することで、技術の伝播と国際政治との関係を浮き彫りにする

 

研究報告

気仙沼市における聞き取り調査

土屋由香

9月1日夜、気仙沼市到着。

9月2日

語り部の鈴木さん
船の説明をする鈴木さん

午前:元マグロ遠洋漁船の機関長で、気仙沼観光コンベンションセンター所属の津波災害「語り部」も務められている鈴木春男さん(昭和14年生まれ)に、町を案内していただきながら聞き取りを行った。ちょうど大安吉日に当たったため、2隻のマグロ漁船が出港するところに遭遇し(一隻はハワイ沖へ1カ月ぐらい、もう一隻はペルー沖へ2年ぐらい)、見送りをしながらお話を聞き、延縄漁船の特徴やマグロ遠洋漁業の現在の状況について多くの知見を得ることができた。

午後:リアス・アーク美術館およびシャーク・ミュージアムにて、 気仙沼市の漁業史や津波災害との関係等について資料調査を行った。

9月3日

サメの山
捕獲地グアム(メハチマグロ)

<< 前のページに戻る