GLOCAS

「鉄道」のグローカル化(時を超え、世界を跨いで繋がる鉄道)

ドイツ製の小さな蒸気機関車は明治の愛媛県に近代化をもたらし、約80年後に愛媛県出身の十河信二が中心となって開業した新幹線が経済大国・日本を支えました。斜陽産業になりかけていた鉄道は息を吹き返し、現在も各国で高速鉄道が建設され続けています。

「坊っちゃん列車産みの親」

ドイツから坊っちゃん列車を輸入して、日本初の地方小鉄道を作った小林信近(伊予鉄道創業者)

「新幹線産みの親」

新幹線の実現に大きく貢献した愛媛県出身の・十河信二(第4代国鉄総裁)

研究活動

講演

  • 十河信二文書研究会 連続講座(第11回)「十河信二の国際的視野の変遷」(2019/10/6、西条図書館)
  • ふるさとふれあい塾~松山観光文化コンシェルジェ講座~「松山を作った偉人たちの歴史遺産探し」(2019/12/23、松山大学)

1963/4に開催されたアジア極東経済委員会・新幹線研究週間

開会式

国鉄が作成したスクラップブック(西条図書館所蔵)

 

以上

<< 前のページに戻る